屈腱炎とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 屈腱炎

屈腱炎

競走馬の「不治の病」とされる。
足先の屈腱部が負荷のかかる運動などにより、
一部断裂し、患部が熱を持ち、膨張する。

腱繊維の損傷率によっては治療に数年かかる場合もあり
多くの馬が引退を余儀なくされる。

軽いものであれば、数ヶ月で復帰できることもあるが
再発の可能性も高く競走成績に悪影響を与える。

関連用語
蹄葉炎