喘鳴症とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 喘鳴症

喘鳴症

(ぜんめいしょう)と読む。
いわゆる喉鳴り。

競走馬が負荷の高い運動をした時に
呼吸がしにくくなり競走能力に悪影響を与える。
その時、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」という異音を発する。

喉の神経麻痺が原因で、重度の場合、手術によってこれを解消させる。

ダイワメジャーもこの病気を患ったが、
手術後に天皇賞(秋)や安田記念、マイルCSを制するなど活躍した。

関連用語
喉鳴り
DDSP