新馬戦除外ラッシュとは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 新馬戦除外ラッシュ

新馬戦除外ラッシュ

例年、新馬戦の終了が迫る4月になると
新馬戦への出走登録馬が増えて除外馬が多くなる。

その原因は新馬戦が終了する4月以降は
未勝利戦に経験馬と混じっての出走を余儀なくされるため。

早めに出走させて競馬慣れさせたい、
あるいは早めに勝ち抜けたい、
という厩舎関係者の意識が働き、結果除外ラッシュとなる。

また、新馬戦終了直前の除外ラッシュを見越して
わざと出走できなさそうな新馬戦に投票し、
抽選除外による優先出走権を取得しようという動きも当然のように存在する。

さらにインフルエンザや、震災、降雪などにより
思わぬ開催中止が起こった場合も除外ラッシュを加速させる原因になる。

2012年からダービーの翌週に新馬戦が始まった事もあり
2歳馬が入厩する前に3歳馬を勝たせて牧場に戻しておきたいという
厩舎サイクルを考えての動きも一つの原因だろう。

特に除外が増えるのは新馬戦終了直前(←これは当然ですが。)と2月の東京開催時。
これはダービーの舞台である東京競馬場で競馬を経験をさせたい陣営が多いためとされる。

関連用語
スーパー未勝利戦