回収率とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 回収率

回収率

馬券を購入した額に対する払戻金の割合。

あるレースで単勝2倍を100円購入していたら
そのレースにおける回収率は200%となる。

基本的に回収率は1レース、1日、1年単位で計算する。
(普通、馬券単位には計算しない)

中央競馬は控除率が70〜75%なので
回収率が7割なら平均的といえる。

IPATを利用している方なら
Club A-PATに登録することで自分の回収率を確認することができる(登録無料)
騎手や競馬場ごとの回収率が確認できるので
予想の参考になるかもしれない。
(中には回収率はなんて見たくないという方もいるでしょうけど・・・)

よくある事だが、人気通りの馬券を買っていると
的中しても回収率が100%を下回ってしまう(いわゆるトリガミorトリマイ)

回収率を上げるには・・・

1・点数を絞る(デメリット:的中率が下る)
2・利益が出るように1点の額を調整する(合成オッズの調整)
3・穴馬を買い目に入れる(デメリット:買い目が増える)

などがある。

また、多くのレースを予想すると
予想時間が少なくなり精度が落ちる。
予想が外れるとメンタル的にも悪い影響があり
焦りで予想不十分なレースの馬券を購入するなど、良いことは無い。

レース数を絞るか、
勝負レース以外は購入金額を抑える事が必要になってくる。

トリガミであっても的中するとメンタルに良いので
個人的には広めに買う事をオススメする。

仮にトリガミでイラつくような精神状態は
「予想」より「回収率」に頭がいっているため
その後の成果も悪いケースが多い。

入れ込んだ馬が折り合いを欠いてレースで力を発揮できないように
予想する人間も冷静でなければ馬券は的中しないので
自分の精神状態に注意しましょう。