パリ・ミューチュエル方式とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > パリ・ミューチュエル方式

パリ・ミューチュエル方式

競馬や公営競技で採用されている配当算出方式。

ユーザーからの投票を集め、
そこから経費を差し引き(いわゆる控除)、
残った差額を当選者に分配する。

この方式だと結果に関わらず、
胴元が負けることは無く、売上を伸ばすことで胴元の利益が増える。

特徴として、
当選者がいなかった場合に特払い、キャリーオーバーがある。

特払いは経費を引いた額を全員に返却するもので、
中央競馬なら100円に対して70円が返される。
中央競馬の控除率は25%なので75円を返しても良さそうだが、
払い戻しの10円単位の為、70円となる。

WIN5ではキャリーオーバーがあり、
的中者がいないか、配当が2億円を超えて配当金が余った場合、
それを次回の配当金に上乗せする。
キャリーオーバー分は次回以降控除されず、別口として上乗せされるので
2重控除されるような事はない。

控除率は大体25%なので
キャリーオーバー分が次回配当金の4分の1を上回れば
期待値が100%を超えるお得なギャンブルになる。