油断騎乗とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 油断騎乗

油断騎乗

騎手が最後の直線で大勢は決したと判断し追うのをやめた後に、
他の馬に交わされ着順を落とすこと。

馬券圏内で油断騎乗が行われると騎乗停止などの制裁の対象になる。

近年は公正競馬の観点から厳しく裁定されているようで、

【2011年】
黛騎手 油断騎乗で騎乗停止30日

【2012年】
【中山2R】北村宏、油断騎乗 2日間の騎乗停止へ
四位が油断騎乗…“過去最長”30日間の騎乗停止

【2013年】
「油断騎乗」で幸が2日間騎乗停止 追う動作緩慢に

と多くなっている。
特に四位騎手のブリュネットでの油断騎乗は最後の100M、
手綱を持っているだけで追う動作をまったくしておらず。
(結果、最後に2着馬に差されハナ差で3着)
これはさすがに言い訳ができない。

一方、幸騎手の場合はかなり微妙で、
自分はレースをリアルタイムで見ていましたが、違和感はありませんでした。
ハナ差で2着になったという結果を重視して
制裁に至ったののかな、という感じです。

騎手も馬に余計な負担をかけたくない、と思うでしょうから
難しい線引になりますが、、
馬券圏内ではファンのお金が掛かっている以上、全力を尽くして貰いたいものです。

関連用語
制裁
ヤリ・ヤラズ