税金裁判とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 税金裁判

税金裁判

【2013年5月24日追記】
2013年5月23日に大阪地裁の判決が出ました。

外れ馬券は必要経費 元会社員には有罪

結果は上記の通り、会社員は有罪(執行猶予付き)
しかしながらハズレ馬券は経費として認められました。
会社員の納税すべき額は5億7000万円から5000万円と大きく下がりました。

我々にとっては一安心といったところです。

注目すべきは裁判長の見解。

「娯楽の範囲を越えて資産運用を目的に馬券を繰り返し購入した場合、
外れ馬券の購入費も必要経費とすべきだ」

あくまで必要経費になるのは
資産運用的な馬券購入(I-PATで機械的に購入するなど)のみで
我々がハズレ馬券を税務署に持って行って
税額を減らせ!と叫んでも取り合わないよ。ということでしょう。

お互い上告するのか不明ですが、
NHKや民放各局も放送されていましたし
かなりの注目を集めました。
これで安心して?ダービーの馬券を買えますねw

2007〜2009年に
28億7000万円の馬券を購入し、30億1000万円の払い戻しを受け、
約1億4000万円の利益を上げた男性が脱税容疑で起訴された事件。

起訴した大阪国税庁が
利益の1億4000万円を大きく上回る5億7000万円を追徴課税した事で話題になっている。

これは的中馬券を購入した額のみ経費とされたため。
男性側の弁護士はハズレ馬券27億4000万円も経費に参入できるように主張している。

実はこの男性、競馬の払い戻しが課税されることは知っていたが
上記の通り、ハズレ馬券が経費として認められずに、
利益の何倍もの税金を収めないといけない事が分かった為、申告する事ができなかった。

そういった事情があるにも関わらず、
何の躊躇いもなく、不必要に人を苦しめんとする大阪国税局の姿勢には疑問符が付く。
これでは国家権力を笠に着た「いじめ」のようだ。

また、今回の事件は年間90万以上の払い戻しを受ける競馬ファンにも無関係では無い。
「トータルでいくら利益があったか」では無く、「払い戻し」に対して課税される点が問題で、
多くの競馬ファンから不安の声が上がっている。

ちなみに
グリーンチャンネルの「2013新春BIG対談」にて
社台グループ代表の吉田照哉氏と
ビッグレッドグループ総帥の岡田繁幸氏も
この事件に関心を示し、
競馬ファンの夢を壊さないようにJRAや農水省などと知恵を出し合い、
各方面に働きかける事を示唆している。

しかし、他の競馬関係者からはこの裁判に対する意見はあまり聞かれない。
触れないようにとJRAからお達しが出ているのかもしれない。

何の因果か、この裁判の判決が出るのは2013年のダービー前日らしい。
ダービーよりも注目されるかもしれない?

【関連記事】
競馬の勝馬投票券に対する配当に高額な課税がなされている件についての担当弁護士からのご説明