降級馬とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 降級馬

降級馬

一つ下のクラスに降級した競走馬のこと。>>今週の降級馬一覧はこちら。

4歳馬は夏開催時に収得賞金が半額になるルールがあり、

その際に

オープン→1600万下(※収得賞金の半額が1600万未満になれば)
1600万下→1000万下
1000万下→500万下

という具合にクラスが下がる。

2,3歳時に重賞で2着して本賞金を加算した馬は

オープン→1000万下

と、2段階降級となるケースもある。

なぜ降級制度ができたのかというと、

1600万下以上のレースは施行数が少ないため、
何もしないままだと上位クラスの馬が増えすぎて、
各馬がレースに出走することが難しくなる点が一つ。

もう一つは
勝ち上がったものの上のクラスで頭打ちになった馬への救済策という2つがある。

馬券に関して言えば
降級直後の馬は狙い目になる。

ただ当然上位人気になるので旨みは無いが、
馬券の軸としては信用できる。

特に2段階降級馬は馬券からは外せない。
よほど適条件でないレースに出走していなければ、買い目にいれるべき。

また、500万下のレースに降級時期直前の有力馬が出走する場合、
そこで勝てば1000万下に上がるが、すぐに500万下になる。
つまりは勝っても負けても次走は500万下で闘う事になる。

その為、陣営はなるべく勝ちたいという心理が働くので、その点にも注意。