栗東留学とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 栗東留学

栗東留学

関東の厩舎に所属する競走馬が
関西圏(主に京都、阪神)で行われるレースの2週間ほど前から
関西の栗東トレセンに滞在すること。

直前輸送による体調の変化を抑え、
精神面、体調面を安定させてレースに臨める。

特に環境の変化に敏感な牝馬には有効とされ、
栗東留学で結果を出した
小島茂之厩舎のブラックエンブレム(秋華賞)、クイーンスプマンテ(エリザベス女王杯)、
国枝栄厩舎のアパパネ(阪神JF、桜花賞、秋華賞)は全て牝馬。
(もちろん牡馬でもマイネルキッツが天皇賞春を勝利するなど効果は高い)

輸送技術の未発達により、直前輸送ができなかった時代は
関東馬の栗東滞在のみならず、関西馬の美浦滞在も頻繁に行われていた。

美浦滞在をする関西馬はほとんどいないが、
競馬ブックの調教欄を見ると、森秀行厩舎が北海道圏のレースから
関東圏のレースを使う際に、美浦滞在を行なっている事がある。

関連用語
トレセン