外厩とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 外厩

外厩

中央競馬に出走させる為には
美浦、栗東のトレセンに10日(初出走の場合15日)
滞在しなければ出走できない。
中央競馬はこの内厩制を採用している。

しかしながらトレセンは施設面では優れているが
預託料は高く1月60万程度。

そこで、美浦、栗東トレセンの近郊に
競走馬をトレーニングできる施設(外厩)を作り、
ある程度そこで馬を仕上げてからトレセンに入厩させる手法が
主流になってきた。

外厩であれば預託料は少なくて済むので、
トレセンに滞在する期間が短くなる分、経費がかからず、
馬主にも負担にならない。

社台グループでいうと
ノーザンファーム系がノーザンファームしがらき、
社台ファーム系がグリーンウッド、山元トレセン。

ビッグレッドファームグループではビッグレッドファーム鉾田など。

ホッカイドウ競馬、南関東4競馬は中央競馬と異なり
認定厩舎(外厩)制度を採用している。
これは一定の基準を満たした外厩を調教師の管理馬房として認め、
そこから直接競馬場に輸送してレースに出走することを可能とするものである。

関連用語
トレセン