トラックマンとは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > トラックマン

トラックマン

美浦・栗東の東西トレーニングセンターで取材をする競馬予想専門紙の記者のこと。
TMと略称されることも。

この競馬予想専門紙は具体的に言うと
競馬ブック、競馬エイト、優馬、研究ニュース、日刊競馬など。
(他にも10紙近くある)

トラックマンは「時計班」と「想定班」の2つがいて、
時計班は調教を見て体調を確認したり、調教時計を計測する(これをウォッチマンともいうらしい)。
想定班は関係者にレース前、レース後に取材をする。

専門紙の競馬ブックを見ると
調教欄に調教時計や寸評が書いており、これは時計班の仕事。

週間競馬ブックでは
今週行われる重賞に出走する競走馬の関係者のコメント、
レース後の騎手、調教師のコメントが掲載されている。
これは想定班の仕事。

専門紙のトラックマンは騎手と馬主や調教師との間で騎乗依頼を仲介する、
いわゆるエージェントという仕事もしている事が多い。

トラックマンは早朝からの仕事や
ローカル開催(小倉、函館、札幌など)に伴う出張が多く、
多忙であるが、その割に給料が少ないと言われていて、
そんな中、騎手エージェント業は貴重な収入源である。

関連用語
騎手エージェント