腹帯(はらおび)とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 腹帯(はらおび)

腹帯(はらおび)

馬具の一つ。
鞍を固定させる為に馬の胸に回して締める為の帯状の道具。
「ガース」とも呼ばれる。

鞍ずれ防止の為に鞍の上からもう一本帯を締めるが、
これを「上腹(うわばら)」という。


馬の腹帯を締める場所を帯道(おびみち)といい、
鞍を付ける事に慣れていない若駒はこの部分が荒れる事もある。

関連用語
サイドレーン