伝貧(でんぴん)とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 伝貧(でんぴん)

伝貧(でんぴん)

伝貧(でんぴん)とは馬伝染性貧血(うまでんせんせいひんけつ)の略語。

ウィルスによって起こる法定伝染病で、馬にだけ感染する。

重度の貧血を伴う40度前後の高熱が特徴で、

【急性型】
高熱が持続して衰弱。死亡する

【亜急性型】
高熱〜平熱を繰り返し、次第に貧血し、やがては衰弱〜死亡に至る

【慢性型】
高熱〜平熱を繰り返すものの徐々に軽度となり健康馬と見分けができなくなる

と大別される。

治療法は存在せず
法令にしたがって感染馬を殺処分し、感染拡大を防ぐしか手立てがない。

近年、中央所属の競走馬では感染例は1978年まで遡るが
世界ではまだ感染馬がしばしば発見されており、警戒が必要となっている。

関連用語
蹄葉炎